このような想いお悩みの方には、
私の経験やノウハウ活かすことができると思います!
  • 「自分のお店を持ちたいけれど、どんな準備をしたらいいのかわからない」
  • 「起業後に経営を軌道に乗せるためには、どんな工夫が必要なのか知りたい」
  • 収益が安定しないため収益・売上の事を考えると夜も眠れない日がある……」
  • 「お客様を集める為の、広告予算にお金が全くかけられない
  • 「技術には自信があるのだけど、集客やリピートに苦戦している…」
  • 「毎月お金の心配をしたくない……」
  • 「どのような技術を身につければ良いのかが分からない」

はじめまして。
株式会社Medibody代表取締役で理学療法士の多田裕一です。

私は現在、東京の四ツ谷でヘルスケアサロンを経営しています。
私のことをご存知ではない方がほとんどだと思いますので、
簡単に自己紹介をさせてください。

私は大学卒業後(理学療法学科)、
複数の病院での勤務経験を経て2013年に起業しました。
開業当初は私と非常勤の理学療法士1名を中心に営業を行い、
2019年3月からは理学療法士の他、鍼灸師やトレーナーといった他職種のメンバーと連携して、
クライアントの健康を多角的に支援する事業を展開しています。

「3年で約1/2が廃業」

これは経済産業省のデータをもとに計算した企業の生存率です。
私自身もオープン当初は何とかなるだろうという楽観的な気持ちと同時に、
このような数字を見て、不安な気持ちになることがありました。
しかし、現在に至るまで、
集客面でSNSを利用したことがほとんどありませんでした。
セミナー事業や教育事業を行なったこともなく、
口コミとご紹介のみで事業を拡大することができました。

なぜ安定した成長を描くことができたのか?

1つは特定の手技にこだわらないことだと、私は考えています。

特定の手技を深め、その武器をもってお客様と向き合っていく。
同業の方々のお話を聞くと、技術面を大切にされる方が多いように感じています。
もちろん私自身も大学や講習会などを通じて、複数の手技を経験していますし、
そのレベルを高めていくことは専門家としてとても大事だと思っています。

しかし、残念ながら一般のお客様がそのような手法に興味があるケースは
圧倒的にまれではないでしょうか。
むしろ、お客様の気持ちは
「不調を改善したい」「痛みを取りたい」
という想いでお越しいただいているので、
その気持ちにどれだけ寄り添うことができるか
という姿勢がとても重要です。

なので、私は、
特定の手技にこだわることなく、
徒手療法的や運動連鎖から考えられる視点、内臓の状態などを様々な角度からお客様の問題を分析した結果、
お客様が望む健康へ向けて、プランを立案しています。

常にお客様の健康のために、どのような提案をしたら喜ばれるかを徹底して考えています。
文字にすると簡単そうに思えてしまうことですが、この部分をどれだけ真剣に突き詰めているか

  • 「3年で約1/2」に入ってしまうのか
  • 安定経営や事業拡大へつながるのか

道が分かれていくのではないかと、私は考えています。

お客様に笑顔でお帰りいただき、
再び、ご来店いただける。
ご友人やお知り合い、新しいお客様を
どんどんご紹介していただける。

私が経験して築いてきた
「お客様に選ばれるお店になるノウハウ」が、
起業や独立を考えていらっしゃる方や、安定した経営を望む方のお力になれればと願って、
セミナー教材を販売することに致しました。

以下に、セミナー教材のご紹介や、
起業や独立される方の疑問にお答えするために、
いくつか情報をご提供しておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

Qそもそも開業権がないのに、起業はできるの?
A可能です。
まず、定義として、理学療法士は「医師の指示の下に、理学療法を行うことを業とする者」とされており、医師の指示なしに理学療法を行なうことはできません。
しかし、それは、医療保険制度を使用する場合に限られます。
また、医療保険下ではクライアントは痛みを有している場合に限ることが多いですが、予防やパフォーマンス向上においては医療保険の対象外です。
なので、理学療法士としての知識を活かして、整体院やスタジオを経営することは可能です。
Q保険外サービスを行う魅力って何?
A昨今、予防医学の重要性が求められていますが、予防医学までを病院などの医療施設では行うことは現実的には難しいのではないでしょうか。
その一方で、理学療法士や作業療法士、柔道整復師、鍼灸師といった医療従事者は解剖学、運動学、生理学といった専門知識を学んでいます。
カラダを診るスペシャリストであるはずなのに、それを生かしきれていないのは本当に勿体無いことだと思います。
皆さんの持っているせっかくの知識をもっとたくさんの方々にお伝えしても良いのはないか?
その知識に経営ノウハウを身につけることで、ご自身がもっと社会の役に立てるのではないか、と私は考えています。
また、クライアント層も私の場合ですと、ご高齢の方や疾患をお持ちの方以外にも、トップアスリート(チーム含む)、学生選手、アーティスト、エンターティナーなど、本当に様々なジャンルの方がいらっしゃいます。
病院勤務ではなかなか出会うことができない方たちとの接点が多いことは魅力ですし、現在のようなビジネス成長の基盤となっているのは過言ではありません。
Qとはいえ、技術があればなんとかなるのでは?
A技術は大切です。
私の施設には今でこそ病院などにしか導入していない機器や注目の最新機器も導入していますが、開業当時は私の腕しかありませんでした。知り合いもいませんでした。
新しい技術での施術や最新の機器により、お客様がリピートしてくださったり、ご紹介いただけるかというとそれだけではかなり難しいと思います。
他者との差別化が大切です。一瞬で治せる技術も大切ですが、動作の癖までを網羅することが再発防止、パフォーマンス向上に繋がると思います。
Qどのような技術が必要なの?
Aいらして頂くスポーツ選手は野球、バスケットボール、バレリーナ、空手、柔道、陸上、ロードバイク、総合格闘技、フィギアスケート…など多競技に及びます。
それは何故か。
私がご提案させて頂く内容は、基本となる姿勢や動作だからです。ヒトのカラダがどのような仕組みで、そのクライアントがどこをうまく使えていないのか、筋肉を緩めたら本来の動きを思い出せるのか、後天的な言語入力を間違った内容にてカラダで表現しているのかなどを見極めることができること。それを可能とする技術と知識。
この要素が私の基本であり、様々なクライアントが来店してくれる要素と考えます。
Q起業理念やビジョンは必要なの?
A事業拡大をする上で、理学療法士だけではなく、鍼灸師、トレーナーなどの他の職種とも協力しながら、クライアントが理想の姿、健康に少しでも早く近づいてもらえる環境を作りたいと考えて、2店舗目を出店しました。
同じ信念や想いを持った仲間に出会うためには、やはり理念やビジョンは必要になります。
しかし、それ以上に大切なことは自分と向き合うことです。
実は、私は起業当初、お客様に次回いらして頂きたい日にちをお伝えすることができませんでした。
ご提案して断られるのが怖かったからです。
しかし、そんな私でも何故、ここまでやってくることができたのか。
それは自我ではなく、執着を捨て、客観視できるようになったからだと思います。
その結果、自信を持ってお客様へご提案や施術ができるようになり、複数店舗を運営できるようになりました。
本当の自分と向き合う方法についても、セミナーでご紹介していきたいと思っています。
Qずっとリピートしてもらった方が良いの?
A私は、クライアントとのご縁は一生でありたいと考えておりますし、とても有り難いと感じてます。
だからと言って、自分の施設に一生通って欲しいがために、完全に治さないとか、出し惜しみをするというようなことは絶対にありえません。
常に、クライアントの施術には、現時点での自分の全力をぶつけ、ベストな施術やサービスを展開したいと考えます。
また、今では、クライアントを良くなって頂くために必要な他職種のメンバーと連携することもできるので、クライアントを点ではなく、線として診させて頂ける事はとても有り難いと考えます。
結果として、その想いがリピートしてもらうことに繋がったり、クライアントに必要なタイミングでお声がけ頂けるのではないかと考えます。
Q月商いくらくらいになるの?
A私の今までのSNSをほぼ活用せずに展開するメソッドでは、3ヶ月目で月商55.3万円、7ヶ月目で月商102.9万円でした。
あなたがどのような手技を持っていて、どのような想いでその職種をされているのか。それを伺った上で、あなたがどのような対象者とのマッチングが良いのかをご相談させて頂くことも可能です。
もしくは、私のセミナー教材を通じて、ご自身の習得したい手技などを見つけて頂けると嬉しいです。

医療保険に縛られずに、クライアントのカラダや自分の技術にとことん向き合える。

そして、痛みから解放され、多くの方が健康に興味をもち、元気になってくれることは、とても嬉しいですし、現在の私の大きなやりがいになっています。

主体的に独立・起業を決めた方がいれば、理学療法士としての起業に必要なテクニックや心構えを育み、「予約の絶えない整体院を経営」を目指して応援していきたいと思っています。

ご不明点などがありましたら、お気軽にご相談ください!

多田 裕一

経営者/理学療法士

株式会社Medibody(メディボディ)代表取締役

1982年生まれ、新潟市出身。

2013年に同社を設立。
スポーツ整形外科クリニックや大学病院、一般病院と医療分野での常勤勤務の他にも、介護老人保健施設や訪問看護ステーションなどの介護分野での非常勤勤務を得ており、多岐に渡る。また、成長期の学生スポーツや女性のスポーツ分野でのトレーナーも行ない、マイルプロジェクトなどの東京オリンピックに向けた取り組みも行なっている。2020年からは、酒井医療株式会社のセミナー講師も務めている。 理学療法手技は一つに拘らず、クライアントに適したプログラム立案は好評を得ている。

整体解体新書

※全部購入すると240,000円が99000円に!

<プラン内容>

お客様に喜ばれる【肩こり】
改善ノウハウ

  1. 胸郭出口症候群のチェック
  2. 頭痛、神経症状のチェック
  3. 背骨アライメントのチェック
  4. 肝臓へのアプローチ
  5. 前鋸筋上部繊維、鎖骨下筋、頸板状筋マッサージ
  6. ストレッチ胸筋
  7. モビライゼーション上部胸椎
  8. 後頭下筋リリース
  9. エクササイズコブラ
  10. 姿勢指導
  11. 施術前後のチェック

根本的な原因を見極める【腰痛】
改善ノウハウ

  1. 痛みの確認 仙腸関節、腰椎周辺
  2. 背骨の位置・ズレ、モビリティー
  3. 神経症状のチェック
  4. 筋力のチェック、代償動作
  5. ファダーフテストト
  6. 坐骨神経痛誘発テスト
  7. 梨状筋が硬くなる理由
  8. Mobility muscle, Stability muscle
  9. 動作の癖 Mobility muscle VS Stability muscle
  10. 胸郭の評価(呼吸)
  11. ASLRテスト 体幹のどの筋肉が弱いのか?
  12. 胸椎モビライゼーション
  13. マッサージ 下部胸椎レベル、梨状筋
  14. むくみのケア マッサージ:大内転筋
  15. トレーニング腹横筋、多裂筋+大殿筋、腹斜筋
  16. 姿勢指導 座り方・立ち上がり方

リーズニングを深める【動作分析】
改善ノウハウ

立ち上がり動作(スクワット)

  1. 膝のチェックポイント
  2. 腰のチェックポイント
  3. 胸郭・肩甲骨のチェックポイント
  4. 足指のチェックポイント
  5. 他の動作(例)フォワードランジのチェックポイント
全部セット購入者特典

技術アップ!整体院を経営する!ならば、この3つのポイントはまず抑えておきたい!
1時間ほどの面談をさせて頂き、お悩みを解決させて頂くこともできます。

今すぐ申込

購入商品(必須)
氏名(必須)
メールアドレス(必須)